So-net無料ブログ作成

山間の高規格幹線道路 [photo]

長野県南信州の山間の県道を走っていると、なんと場違いかと思われる橋脚が目の前に飛び込んできた・・・。

001.JPG
【撮影:09.11.04 PowerShot SX200 IS

002.JPG
「三遠南信自動車道」として作られた「矢筈トンネル」に通ずるループである。

003.JPG
この「矢筈トンネル」は1994年に開通。なんとも立派なトンネルである・・・。トンネル開通後、

・上村、南信濃村(両村とも現在は飯田市)の長野県南部は交通手段に恵まれない過疎地域であったが、
 トンネルの開通により飯田市方面への生活圏が広がる劇的な変化をもたらした。
・トンネル経由の路線バスの運行により、下宿を余儀なくされてきた村の高校生や病に苦しむ高齢者が、
 飯田市方面へ通えるようになった。
・旧上村のしらびそ高原や下栗地区、旧南信濃村の遠山温泉郷などが観光地として開拓された。一方で、
 本州屈指の星空の美しさを持つ同地区でも僅かながら光害が見られるようになった。

ということだそうだ・・・。


「陸の孤島」に近い、この地域に暮らす人々にとっては、「三遠南信自動車道」は大変意義のある道路ではあるかと思われるが、1987年三遠南信自動車道閣議決定、そしてトンネルが開通して13年・・・。
環境も大きく変化している・・・。

そんな中、昨年の春、飯田山本IC~天竜峡IC間が開通したが、
その他ほとんどの区間は、事業中もしくは計画中とのことだ・・・。

【場所】

大きな地図で見る
nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。